口コミ・アンケート結果から評判の良いウォーターサーバーをご紹介!

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかる?節約する方法はあるのか

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかる?節約する方法はあるのか

私たちの生活の身近にある水。
普段の飲料水として・料理に使ったり赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りに欠かせませんね。
毎日使う物だから安心安全で尚且つ水道代や電気代を節約したいですね。
そんな家庭におすすめなのがウォーターサーバーです。
いつでも綺麗でおいしい水が使えるという魅力たっぷりなウォーターサーバー。
しかし、常に電源を入れておかなければいけないので、電気代など気になるところもあるでしょう。
今話題のウォーターサーバー、果たして節約をすることが出来るのでしょうか?

 

おすすめの節約方法とは?

ウォーターサーバーを使用するとなると、常に電源を入れておくので月々1,000~1,200円ほどかかります。
最近のウォーターサーバーは省エネモードを搭載したものが多いので一昔のウォーターサーバーよりは格段に安くなりました。
とは言ってもいつも電気をつけっぱなしのウォーターサーバー、冷蔵庫も同様で毎日つけっぱなしの電化製品は電気代が気になりますね。
1日の料金は安くても、長い目で見ると大きな差が出てしまいます。
電化製品も昔に比べてずいぶんお金もかからず省エネのものが増えましたが、ウォーターサーバーもちょっとしたコツで節約をすることが出来ます。

〇電気代節約のコツ
・ウォーターサーバーは設置する場所によっても電気代が変動します。
直射日光が当たる場所や部屋が暑すぎる、逆に部屋が寒すぎるとその分電気代が掛かってしまうのです。
温度の安定した場所へ設置することで、電気代を安くすることが出来ます。
設置をする際に壁との間に隙間を作ることも大切です。
そうすることで冷却時の放熱をしやすくなるためです。

・ウォーターサーバーの設定温度をかえるのもポイントです。
出かけている時は余りウォーターサーバーを使用しないので極端に冷やしすぎたり温めすぎる必要もありません。
季節によっても設定温度を変えてみてはいかがでしょうか?

・設置するウォーターサーバーはできるだけ省エネ効果の高いものを設置しましょう。
時分で設定するものから、センサーによって自動で管理するものまで様々なウォーターサーバーがあります。
確かにエコ機能があれば節電もできて便利なのですが、センサーで自動的に設定を変更する場合は注意が必要で、確かに自動で切り替えをしてくれるので便利なのですが、まれにお湯の設定温度が低かったという場合やお水も余り冷えていなかったということもあります。
夜間にそういったことが良くあり、朝使おうと思ったらぬるかったということがあるので、その辺を注意しながら自動で設定するのと自分で設定するのと、どちらか良いのか考えて購入するようにしましょう。

 

本当に節約になるの?

節電に特化したウォーターサーバーを使用することで節電になると言われています。
例えば電気ポットの場合、電器ポットはすぐにお湯が沸いて暖かいお湯をいつでも使うことが出来ますが、ずっと電気をつけっぱなしなので1年間で1万円前後かかってしまいます。

・ウォーターサーバーも確かに1年間で換算するとそれくらいかかってしまいますが、冷たいお水や温かいお湯がいつでも使用でき、電気代も水道代も節約が出来ます。
例えば冷蔵庫に冷たいのみものが入ってると開け閉めの時点で電気代が掛かってしまいますが、ウォーターサーバーはこの開け閉めという動作がないのでそれだけでも電気代の節約につながります。

節電の為に電気プラグを抜いてしまう人がいますが、ウォーターサーバーは温度を一定にすることで菌の繁殖を抑えています。
電気プラグを抜くと温度が変わるので菌が繁殖しやすくなるので、間違った節約方法をしないようにしましょう。

気になるワードで検索
ウォーターサーバーランキング!
アクアクララ
コスモウォーター
プレミアムウォーター
クリクラ
フレシャス