口コミ・アンケート結果から評判の良いウォーターサーバーをご紹介!

ウォーターサーバーは育児にもおすすめ!上手な活用方法とは

ウォーターサーバーは育児にもおすすめ!上手な活用方法とは

生まれたての赤ちゃんがいると、毎日の子育てでお父さんお母さんもへとへとだという人もいるのではないでしょうか?
特に最初のころは3時間授乳で、昼夜問わず赤ちゃんを起こしてミルクを飲ませるのはとても大変ですね。
赤ちゃんが素直にミルクを飲んでくれればいいのですが、眠くてぐずりなかなかうまく飲んでくれない、親も眠くてミルクを作るのにいちいちお湯を沸かすのは大変でしょう。
赤ちゃんによっては夜中ずっとぐずって寝てくれず、寝るまでずっと抱っこをしないといけないので、疲労も蓄積してしまいます。
そんな時に手軽にできるウォーターサーバーは子育て中の方にとても喜ばれます。
では、一体どんな活用方法があるのでしょうか。

 

子育て中にうれしいウォーターサーバーの活用方法

★まず1つ目はほとんどの人が使用する調乳です。
ウォーターサーバーで使用する水は、ろ過されたピュアウォーターを使用し、不純物をしっかり取り除いた口当たりのまろやかな水です。
赤ちゃんの体の80%が水分です。
抵抗力のない赤ちゃんは体に合わないものがちょっとでも体内にはいると体調を崩してしまいます。
ですから赤ちゃんの体に入るものは安心安全なものがいいですね。
多くのお子様を持つお父さんお母さんの意見として、なるべく水道水は使用したくないという声があります。
粉ミルクを使用するのにウォーターサーバーを使用すれば、新鮮な水でおいしいミルクを作ることが出来ます。

★2つ目は離乳食です。
赤ちゃんが5か月以降になれば、離乳食を開始します。
最初は少量のおもゆからスタートし、徐々に柔らかい十分粥や野菜に果物のピューレなど、色んなものを食べさせます。
この離乳食づくりにもウォーターサーバーは役に立ちます。
軟水なのでお出汁のうまみも溶けだしやすく、食材の栄養も溶けだします。
大切なわが子だからこそ、栄養たっぷりなものを食べさせたい、毎日の離乳食づくりにも役に立ちます。

〇お母さんも赤ちゃんもこまめな水分補給をしよう
ウォーターサーバーで使用される水は軟水です。
軟水は日本人に一番なじみのある水ですが、軟水は体内の吸収率が高いと言われています。
先ほども記載したように、赤ちゃんの体の80%は水分です。
赤ちゃんは新陳代謝がいいので、ちょっと動いただけでも大量の汗をかきます。
なので、こまめに水分を補給しないとすぐに脱水症状になってしまいます。
そのまま飲んでも吸収率もよく、水道水よりも安全に飲むことが出来ます。
赤ちゃんだけではなく授乳中のお母さんにも重要で、授乳中は母乳で水分を奪われてしまうので、脱水症状になってしまったり血液がドロドロになって乳腺が詰まりやすくなり乳腺炎になってしまいます。
乳腺炎を防ぐためにも、良質な水分をしっかりとることがポイントです。

 

毎日の生活にウォーターサーバーを取り入れよう

ウォーターサーバーはミルク作りだけではなく、お子様のお菓子や離乳食づくり、そのまま飲んだりなど色んなことに使用できます。
最近のウォーターサーバーの水は非常にろ過されたクリアなお水にミネラルを添加された口当たりが非常にまろやかでおいしいお水となっています。
クリクラやプレミアムウォーター、コスモウォーターなど日本にはウォーターサーバーで人気の企業がたくさんあります。

〇ウォーターサーバーの魅力
①どの会社も安全性に配慮し尚且つ続けやすい価格が魅力的です。

電気代も1か月500円未満の業者もあり、ほとんどの会社は省エネ対策のサーバーが取り扱われているので、地球にもお財布にも優しいのが特徴です。

お子様がいる家庭こそ安心安全なものを選びたいですね。
これらのサーバーを使用し、大切なお子様に良質なお水を体にとどけましょう。