口コミ・アンケート結果から評判の良いウォーターサーバーをご紹介!

ウォーターサーバーと水道水の違いとは?

水道があると、自由に水が使えます。

色々な使い方がありますが、その中でも飲料水として使用する場合は気を使うところもあります。

水道水で問題がないのか、もっと生活にあった水がないのか気になるかもしれません。

 

使われている水の成分が大きく異なる

生きていくのに必要な資源として水があります。

日本は比較的水資源が豊富とされていて、自然にも水が多いですし、それを飲めるようにする施設も整っています。

海外には水自体が少ないところがあるので、それを考えると日本は幸せな国と言えるかもしれません。

日本の水資源が豊かである理由として、全国的に水道設備が整えられている点もあるでしょう。

それぞれの地域で浄水などが行われ、水道管を通って送られてきます。

気になるのはこの水道水とウォーターサーバーとに異なる点があるかです。

水道水は川など自然にある水を浄水して、さらに殺菌の成分を付加して水道管を通じて送られます。

川などの水は自然でありながらかなり汚れているものもあるでしょう。

一方でサーバーを利用する水はミネラルウォーターやRO水と呼ばれる水で、採取後加熱殺菌をしたり、高度蒸留をしたうえで加熱殺菌をしただけの水になります。

不純物などはなく、あってもミネラルが含まれるぐらいです。

殺菌に関する成分は含まれていないので、小さい子供にも安心して飲ませられます。

 

カルキ臭があるか無味無臭で飲めるか

ウォーターサーバーと水道水の違いとして、があります。

水道水は殺菌をする必要から一定の塩素などが含まれています

人体に影響のない程度なので、飲んだとしても問題はないとされます。

ただそれが影響しているのか決して美味しいとは言えないかもしれません。

がぶがぶ飲みたくなる水とは言えません。

サーバーから提供される水は業者によって異なりますがミネラルウォーターなどです。

美味しいと感じる水が多いです。

いくらでも飲みたくなる水を楽しめます。

 

水温が一定か自然環境で適度に変わるか

水道管は浄水場などから水道管を通って各家庭に届けられます。

その間は地中を通ることもあれば、屋外の部分を通ることもあります。

なので水道水は外気の気温に影響されやすいです。

夏は生ぬるく、冬は凍りそうなくらい冷たい時があります。

春や秋などはちょうどいい温度と言えるでしょう。

ウォーターサーバーと水道水の違いとして、サーバーの水は常に一定の冷水と温水が出てきます

サーバーによって温度設定ができるようになっていて、冷水なら5度ぐらい、温水なら80度から90度ぐらいに保たれています。

水道水は気温に影響されるので、夏は20度から30度ぐらいの水が出てくることもありますし、冬は0度近くまで冷えた水が出てくることもあります。

毎回、好みの状態で出てくることはありません。

水道水は好みの水にするために、別途冷やしたり温めたりする必要がありますが、サーバーから出てくる水は自分たちで好みの温度に設定することができます。

 

飲料水をより飲みやすくする仕組みとしてあり、ミネラルウォーターやRO水などが使われています。

水道水のように消毒のための成分は含まれておらず、それらの嫌な臭いもありません。

常に希望の温度の水を利用できるのもメリットと言えます。

気になるワードで検索
ウォーターサーバーランキング!
アクアクララ
コスモウォーター
プレミアムウォーター
クリクラ
フレシャス