ウォーターサーバーは停電時に使用可能?災害時の水を確保しよう

近年ウォーターサーバーの導入を考えるご家庭や一般企業が多くなってきています。

そこでウォーターサーバーを比較する上で気にしたいのが、停電時に使えるのかどうかです。

大規模な停電や災害が発生してしまった場合、電気はもちろん水道も止まってしまったりとライフラインが途絶えてしまうことも十分ありえます。

そんなとき、せっかく自宅に入れているウォーターサーバーが使えなくなってしまっては意味がありません。

そこで今回は、停電時にも使えるウォーターサーバーの選び方をご紹介します。

ウォーターサーバーは停電時に使えるの?

ウォーターサーバーは電力で稼働しているので、停電時にウォーターサーバーのモーターも止まってしまいます。

しかし、ある特徴のあるウォーターサーバーは電力の供給が止まっても常温でならウォーターサーバーから水を出すことが出来るのです。

その特徴とは、コック式のウォーターサーバーであることです。

ボタン式だとウォーターサーバーから水を出すときに電力を必要とするので、水が出てきません。

一方でコック式の場合、水を出すのに電力を必要としないため、停電時でも問題なく使えるのです。

そこで停電時に使用できるウォーターサーバーとしておすすめしたいのが、プレミアムウォーターです。

一部のウォーターサーバーを除いてコック式を採用しているため、停電時も安心です。

ただひとつ覚えておいてほしいのが、停電時にはウォーターサーバーから出る水が常温水のみとなることです。

停電・災害時備えてに水はどれくらい備蓄しておく?

ではいざ大規模な停電や災害が起こった場合、ウォーターサーバーの水はどれくらい備蓄しておいたほうがいいのでしょうか?

人が1日で必要な水の量は3リットルといわれています。

大規模な災害が起こった際、救援物資が届くのに3日かかることもあるといわれています。

なので、3リットル×家族の人数×3日分の水を確保しておく必要がありますね。

ウォーターサーバーの水を非常時の備蓄にすると便利です。

ちなみにプレミアムウォーターは7リットルボトルと12リットルボトルが用意されています。

まとめ

停電時にも使用できるウォーターサーバーの特徴と、いざという時の備蓄に必要な水の量についてご紹介してきました。

ウォーターサーバー選びに迷ってるようでしたら、いざという時の備えという点からも検討してみることをおすすめします。

関連記事一覧