ウォーターサーバーと浄水器の違いは?メリットとデメリットを比較

近年ウォーターサーバーがご家庭でも普及してきました。

ところでみなさん、ウォーターサーバーと浄水器の違いって知ってますか?

いざそう聞かれると、正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか?

今回はウォーターサーバーと浄水器の違いをご紹介し、それぞれウォーターサーバーと浄水器のメリット・デメリットを比較していきます。

ウォーターサーバーと浄水器、大きな違いは水道水と天然水

まずウォーターサーバーと浄水器の違いとして一番に挙げるのは、水道水なのか天然水(もしくはろ過水)なのかということです。

浄水器は多くのものが蛇口にそのまま取りつけます。

そのため水道水は取りつけられた浄水器のフィルターを通過して流れ出てくるというしくみです。

この浄水器のフィルターを通すことで、水道水に含まれる不純物やカルキ臭の原因となる塩素を取り除くことができます。

一方ウォーターサーバーはメーカーから定期的に配達されるボトルに水が入っており、それをサーバーに取りつけることで水が出てきます。

ウォーターサーバーの水はメーカーが厳選した天然水や、厳しい基準をクリアしたろ過水です。

サーバーからはいつでも冷水とお湯が使用することができます。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

先ほどはウォーターサーバーと浄水器の大きな違いをご説明しました。

ここではウォーターサーバーのメリットとデメリットをご紹介していきます。

ウォーターサーバーのメリット

  • こだわりの水を飲むことができる
  • いつでも冷水とお湯を楽しめる
  • 調理に使えば、食事がよりおいしくなる
  • 安心して飲むことができる

水道水と違い、おいしい水をいつでも楽しむことができます。

80~90℃程のお湯として使うこともできるので、インスタントスープなどをすぐに作ることができます。

小さなお子さまが口にするものには気をつかいますよね。

厳しい審査をクリアしている水なので、お子さまにも安心です。

ウォーターサーバーのデメリット

  • ランニングコストがかかる
  • 設置場所を確保する必要がある
  • ボトルを取り替える作業がある

ウォーターサーバーは電気で動かしているので、電気代がかかります。

そして水道水に比べると水の値段が高いです。

コンセント近くにウォーターサーバーの設置場所を確保する必要があります。

水がなくなったらそのたびにご自身で交換しなければいけません。

浄水器のメリットデメリット

浄水器のメリットとデメリットは次の通りです。

浄水器のメリット

  • 設置が簡単
  • コストパフォーマンスが高い
  • ホームセンター等で入手可能

浄水器はホームセンター等で販売しています。

設置も簡単で、業者を通さずに自分で取りつけられます。

かかるのはほぼ購入時の初期費用と水道代だけなので、家計にやさしいです。

浄水器のデメリット

  • 水道にしか取りつけられない
  • 定期的にカートリッジの交換が必要
  • 浄水器は蛇口に直接取りつけるので、ウォーターサーバーのように好きなところに設置することができません。

    また、数ヶ月に一回カートリッジの交換が必要です。

    まとめ

    ウォーターサーバーと浄水器の違いをご説明してきました。

    あなたのご自宅にはどちらがマッチしているのか、検討してみましょう。

    関連記事一覧