ウォーターサーバーの解約方法は?解約時の手順と注意

ウォーターサーバーを使用してみたものの、ウォーターサーバーの使用頻度が低かったりして解約を検討する方もいるのではないでしょうか?

今回はウォーターサーバーの一般的な解約手順をご説明していきます。

ウォーターサーバー解約の理由は?

ところでウォーターサーバーの解約ですが、いったいどうして解約しようと思ったのでしょうか?

解約理由で多い意見をピックアップしました。

  • ウォーターサーバーを設置しているのが邪魔になったため
  • ウォーターサーバーにかかるコストを抑えたいため
  • 子どもが大きくなり必要なくなった
  • 水の味が好きではなかった
  • 他社のウォーターサーバーに切り替えたい
  • メンテナンスが面倒くさい

家計に直結するので、コストカットで解約って意見は多いですね。

ウォーターサーバーの解約を申し出る

ます一番にやらなければいけないことは、解約したい旨を申し出ることです。

ウォーターサーバーのメーカーによってさまざまですが、多くのメーカーが解約時には直接電話が必要とのことです。

窓口の営業時間内に電話してみましょう。

担当者の指示に従う

電話にて解約の申し出をすると、こちらがやらなければいけないことを教えてくれます。

メーカーによって差がありますが、サーバーの水抜きを自分でおこなったり、配送業者に引き取ってもらうために梱包が必要なこともあります。

サーバー以外の付属品もきちんとすべて返却する

契約時にサーバーの取扱説明書や、こまごまとした付属品が一緒に届けられてはいませんか?

その付属品も一緒に返却しましょう。

付属品の一部を返却し損ねてしまうことで、違約金のほかに付属品紛失時のお金も請求されてしまう可能性があります。

ボトルの水は使い切っておく

ウォーターサーバー用のボトルの水は使い切っておきましょう。

特に使い終わったあとのボトルを再利用のために回収するリターナブルボトルは、ウォーターサーバーを引き渡すまでにすべて使い切っておいてください。

梱包が必要な場合

ウォーターサーバーの梱包を自分で行うように指示があった場合、梱包資材の準備をしましょう。

契約時にウォーターサーバーを送ってもらった時の梱包資材が残っていればそれを使ったり、手元にない場合は梱包資材を送ってもらえないか交渉してみてください。

違約金が発生する可能性

1~3年以内の解約の場合、違約金が発生する可能性があります。

違約金の金額も数千円~数万円と幅があります。

契約したのがいつなのか、違約金はいくらなのか把握しておきましょう。

まとめ

ウォーターサーバーを解約するにあたり、ユーザーから多くあがる解約理由、解約時にやること・注意をまとめてきました。

違約金という形で解約時にも支払いが発生する可能性があるので、ご自身の契約をいま一度確認しておきましょう。

関連記事一覧