『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』の違いって?

家族向けウォーターサーバーとして人気のある『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』。

デザインがとても似ているのに加え、サービスも類似点が多いです。

これを疑問に思ってらっしゃる方も多いですよね?

今回は『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』の違い、どのような人におすすめなのかを解説していきます。

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』はそっくり?

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』が似ているといわれていますが、その理由がこちらになります。

『ワンウェイウォーター』は『コスモウォーター』のOEM商品だということがわかりました。

OEM商品とは、他社ブランドの商品をほかの会社が製造することをいいます。

私たちの生活でなじみ深いのは、スーパーやコンビニのプライベートブランドです。

そのスーパーやコンビニのブランド商品として売っていますが、製造元をみると全然違う企業名が書いてありますよね?

あれがOEM商品です。

つまり製造元が『コスモウォーター』の商品を『ワンウェイウォーター』が自社ブランドとして販売しているわけです。

それなら『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』のウォーターサーバーがそっくりになるのも納得です。

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』を比較

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』がそっくりなのは理解できましたが、会社が違うのですから多少の違いはあります。

どこがどう違うのでしょうか?

『ワンウェイウォーター』は天然水とRO水、『コスモウォーター』は天然水

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』の違いとして一番にあげられるのが、『ワンウェイウォーター』にはRO水の取り扱いがあることです。

天然水よりもRO水のほうが安価なため、水をたくさん飲むけれどコストは抑えたい家庭にはおすすめです。

チャイルドロック『ワンウェイウォーター』は2パターン、『コスモウォーター』は3パターン

小さいお子さまがいるご家庭で絶対にチェックしておきたいのが「チャイルドロック」。

お子さまが好奇心でウォーターサーバーを触るというシチュエーションは十分にあり得ます。

恐ろしいのは、ウォーターサーバーをいじったことで熱湯が出てしまい、お子さまが火傷を負ってしまうこと。

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』はどちらもチャイルドロック機能がついているので安心です。

特に『コスモウォーター』はチャイルドロックが3パターンあり、操作が一切できなくなるという安全性があります。

まとめ

『ワンウェイウォーター』と『コスモウォーター』が似ている理由、それぞれの違いを解説してきました。

ぜひそれぞれのご家庭に沿ったウォーターサーバーを選ぶ参考にしてください。

関連記事一覧