『アクアクララ』と『クリクラ』の違いとは?似ている2つを比較!

『アクアクララ』と『クリクラ』。

どっちも似ているため、どこがどう違うのかわからなくなります。

そこで今回は、『アクアクララ』と『クリクラ』の違いを検証していきます。

『アクアクララ』と『クリクラ』の共通点

『アクアクララ』と『クリクラ』それぞれに類似する点は多いですが、一番大きいのは提供している水がRO水だということです。

RO水は天然水と違って水道水から作られていますが、特殊なフィルターでろ過することで浄水器ではろ過しきれない不純物も取り除いてくれます。

また、ろ過をする際にミネラルも一緒に取り除いてしまうため、人工ミネラルを添加しています。

水のボトルはリターナブルボトルを採用しているので、空のボトルは回収に来てくれます。

リターナブルボトルのメリットは、一般の配送業者ではなく『アクアクララ』『クリクラ』が独自の配達網をもっていることです。

過去に大規模な震災が起きた際、一般の配送業者では配達物の多さにパンクしなかなか物資が届きにくいといったことがありました。

しかしリターナブルボトルを採用しているウォーターサーバーメーカーは独自の配送網できちんと水を届けてくれたと話題になりました。

『アクアクララ』だけのアピールポイント

赤ちゃんのいるご家庭なら『アクアクララ』がおすすめです。

『アクアクララ』と『クリクラ』どちらも赤ちゃん向けのキャンペーンを実施しています。

けれどよりキャンペーン内容が充実しているのが『アクアクララ』です。

また赤ちゃんのミルクを作る際に注意したいのが水質です。

ミネラル成分が低く、軟水であることが求められます。

『アクアクララ』と『クリクラ』どちらもミネラル成分の低い軟水です。

それでも若干『アクアクララ』の方がミネラル成分が低いようです。

ミネラル成分が高いと赤ちゃんの内臓に負担がかかってしまうので、ウォーターサーバーでミルクを作る時は注意するようにしましょう。

『クリクラ』だけのアピールポイント

『クリクラ』の一番のアピールポイントは、途中解約による違約金が発生しないということです。

ほかのブランドのウォーターサーバーだと年単位の縛りがあり、違約金も数千円~数万円発生します。

つまりいつやめても構わないということなので、ウォーターサーバーの導入を検討している方にとって『クリクラ』は導入へのハードルが低いです。

まとめ

『アクアクララ』と『クリクラ』の共通点、違いをご紹介してきました。

赤ちゃんのいるご家庭は『アクアクララ』、ウォーターサーバーに興味があるけれど契約期間の縛りがネックな方は『クリクラ』がおすすめです。

『アクアクララ』と『クリクラ』どちらにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

関連記事一覧