一人暮らしでウォーターサーバーの利用が向いている人とそうではない人

同じ一人暮らしであっても、生活のスタイルや個人の好みから、ウォーターサーバーの利用に向いている人と向いていない人がいます。

ウォーターサーバーを契約してから「実はあまり使わなかったな」とならないよう、自分がウォーターサーバーの利用に向いているかどうか、チェックしましょう。

ウォーターサーバーの利用が向いている人

  • 自宅にいる時間が長い人
  • 自炊をしていて食べるものにこだわりたい人
  • 来客が多い人
  • 外で飲み物を良く買って飲んでいる人
  • 温かい飲み物や食べ物が好きな人

上記5項目に当てはまる人は、普段の生活の中で水やお湯を使うことが多い人ですので、ウォーターサーバーの利用を考えてもよさそうです。

ウォーターサーバーの利用が向いていない人

  • 自宅での滞在時間が短い人
  • 飲み物をあまり飲まない人
  • 自宅に物が多く、部屋が狭い人

ウォーターサーバーはすぐにお湯が出るという利点はありますが、自宅に寝に帰っているだけような生活スタイルであれば、コンロでお湯を沸かしたり水を買ったりした方がコストパフォーマンスが高いでしょう。

またウォーターサーバーは意外と大きく、他の家電とくっつけて置くと火事の原因になるため、ある程度のスペースが必要です。部屋の間取りや広さによっては、ウォーターサーバーの利用が難しいことがあります。

一人暮らしの人がウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーの利用に向いている場合でも、一人暮らしだからこそ抑えてほしいポイントがあります。これまでに一人暮らしの人が「失敗した」と感じたことを基に、4つのポイントを紹介します。

水の配達や回収

一人暮らしだと、水の配達時間やボトルの回収時間に自分が家にいなければなりません。そのため。水の配達日時が調整できたり、空きボトルの回収が不要なウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

コストパフォーマンス

ウォーターサーバーを利用しているとサーバー利用料や電気代、水代などで、月に3,000~5,000円程ががかかります。この月額利用料が払い続けられるかをチェックしましょう。

さらに、メーカーによって水ボトルの最低注文量が決まっている場合には、使いきれなかった水がたまっていくという可能性もあります。

水にも賞味期限がありますので、賞味期限が過ぎてしまうと廃棄しなければならなくなり、コストパフォーマンスが悪くなります。

最低ノルマの水量が自分が消費できる量なのか、もし水ボトルが余ってしまったら>配達頻度を調整できるかなど、事前にチェックしておきましょう。

水ボトルの重量と水ボトルの設置位置

一人暮らしだと、自分自身で水ボトルを交換しなければなりません。水ボトルの重量はメーカー毎に決まっており<色ここまで>10キロを超えるものから、数キロと軽量のものまで様々です。

またボトルの交換位置もウォーターサーバーの下であったりうえであったりと様々です。

力に自信のない場合は、ウォーターサーバーの下のほうにボトルを設置するタイプや軽量の水パックを使うウォーターサーバーを選びましょう。

関連記事一覧