ウォーターサーバーが赤ちゃんのいる家庭におすすめの理由

ウォーターサーバーが赤ちゃんのいる家庭におすすめの理由

ウォーターサーバーは調乳用、離乳食用、ママ用として、赤ちゃんがいる家庭では大活躍してくれます。

ミルクの調乳は殺菌のために沸騰した湯を使い、流水で冷ますというのが一般的ですが、ウォーターサーバーがあれば既に殺菌されたお湯が出るからです。

お腹を空かせた赤ちゃんを待たせずに済むことは、ママのメンタル面にも大きな助け。

そして赤ちゃんが少し大きくなったら離乳食用として、隙間時間で飲み物やスープがすぐに作れるので「ウォーターサーバーがあってよかった!」という声が多いのです。

赤ちゃんがいる家庭向け|ウォーターサーバーを選ぶポイント

赤ちゃんの調乳用として使いたい場合、以下の4つのポイントを押さえてウォーターサーバーを選びましょう。

また赤ちゃんはすぐに大きくなりますので、新生児の時だけではなく少し大きくなってからの対策も考えておきます。

チャイルドロックの有無

赤ちゃんはハイハイができるようになると、周りのものをなんでも口に入れたり、大人の真似をしたりします。

熱湯が出るウォーターサーバーではけが防止のチャイルドロックは必須ともいえるでしょう。

チャイルドロックの有無のみならず、解除方法についてもよく確認しておきましょう。

70度以上のお湯が出るか

厚生労働省では、万が一の雑菌混入を考えて、70度以上のお湯で粉ミルクを溶かすことを推奨しています。

赤ちゃんに安全なミルクを飲んでもらうため、70度以上のお湯が出るかどうかをチェックしましょう。

ボトル交換の位置とボトルの重さ

ボトルが大きいと交換頻度は減りますが、交換時の負担が大きくなります。特に、赤ちゃんのママがボトル交換をする場合には、ボトル重量が20キロ近くになると大変ですので、比較的軽量な10キロ前後のものを選ぶと良いでしょう。

また、ボトル交換位置がウォーターサーバーの下にあるほうが、交換時の負担が少なくなります。

操作性

調乳の際には、片手で哺乳瓶を持ちながらお湯を出すことになります。また赤ちゃんが小さいうちは深夜にも調乳をする必要があります。そのため片手で操作が完了するもの、薄暗くても操作がしやすいものがおすすめです。

ただし操作性が良すぎると子供がいたずしやすくなってしまうので、チャイルドロックの解除方法と合わせて検討しましょう。

赤ちゃんがいる家庭向けにキャンペーンをしているウォーターサーバーメーカー

プレミアムウォーターやクリクラなど、赤ちゃんがいる家庭向けにキャンペーンをしているメーカーもあります。お水の無料チケットがもらえたり、利用料が一定期間割引になりますので、妊娠出産を機にウォーターサーバーの導入を考えている場合は、お得なキャンペーンを上手に活用したいものです。

関連記事一覧