ワンウェイ方式とリターナブル方式の違いとは?特徴とメリット・デメリットを解説

初めてウォーターサーバーに申し込む場合は、ワンウェイ方式・リターナブル方式と言われてもピンとこないかもしれませんね。ワンウェイ方式・リターナブル方式とは、ウォーターサーバーのボトルの処理の仕方です。ワンウェイ方式・リターナブル方式の特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

ワンウェイ方式の特徴

ワンウェイ方式とは、ウォーターサーバーの上にのせるボトルが使い捨てのタイプになります。

小さく潰すことができるので、ゴミ箱にも入れやすくなります。使い終わったあとのボトルを部屋に置いておく必要も、ボトルを回収してもらう必要もありません。

ワンウェイ方式のメリット

ワンウェイ方式のボトルは小さく潰すことができ、燃えないゴミあるいは資源ゴミとして捨てることができるので、ボトルが回収されるまで部屋に置いておく必要がありません。

ワンウェイ方式のボトルは、密閉されているので菌が入り込む心配もなく衛生的です。

ワンウェイ方式のデメリット

潰して小さくすることはできますが、燃えないゴミあるいは資源ゴミの回収日まではゴミ箱に入れておく必要がありますし、回収する場所まで持っていく必要もあります。

使い捨てで衛生的な分、リターナブル方式と比べると割高な傾向にあります。

リターナブル方式の特徴

リターナブル方式は、ウォーターサーバーの上にのせるボトルが再利用できるタイプになります。

使用後のボトルは回収業者が回収し洗浄して再利用するので、環境にやさしい方式です。また、リターナブル方式のウォーターサーバーの方が安価な傾向にあります。

リターナブル方式のメリット

リターナブル方式は、ボトルを捨てに行く必要がない点がメリットです。自治体によっては分別ルールが細かい場合もあります。

燃えないゴミとして捨てるのか資源ごみとして捨てるのかといった分別を面倒に感じることもありますよね。リターナブル方式なら、ごみの分別で悩む必要がなくなります。

リターナブル方式のデメリット

リターナブル方式のデメリットは、使用済のボトルを保管する場所が必要なことです。リターナブル方式のボトムは硬い素材でできていて、潰すことができないので場所をとります。

家族の人数が多く、たくさん消費する場合は保管スペースを確保しておく必要があります。

まとめ

ワンウェイ方式かリターナブル方式かを選ぶポイントは、ボトルの処理をどうするかになります。

ボトルを捨てに行くことが問題ないならワンウェイ方式、使用済のボトルを保管する場所があるならリターナブル方式を選ぶようにしましょう。

関連記事一覧