水道水って本当に安全なの?

水道水って本当に安全なの?と思ってはいないでしょうか。日本の水道水は世界トップクラスで安全な水です。ですが、おいしいかどうかは別の話。水道水の安全性と味について解説していきます。

水道水は安全に飲むことができます

水道水は、世界的にトップクラスの基準で管理されており、安心して飲むことができます。日本の水道水は、水道法第4条の規定に基づいた「51項目の水質基準」と「26項目の水質管理目標設定項目」という水質基準によって管理されている、安全な水です。

施設の管理による水質の劣化の可能性

そうはいっても水道水が本当に安全なのか心配する人もいると思います。水道水の水質が低下する可能性があるのは、施設の管理が不適切な場合です。

貯水槽の不適切な管理や配水管・給水管の劣化による水質の劣化の可能性はあります。つまり設備が問題であって、家庭に送られてくる水道水自体には問題はありません。施設が適切に管理されているかは施設管理者次第になるので、どうしても心配なら確認しておきましょう。

ただし、基本的には適切に管理されているので、よほどのことがない限り安心して飲むことができます。不安を煽るような情報に振り回されないようにしましょう。

水道水の成分

水道水に発がん性物質や放射性物質が含まれているという話を聞いて心配する人もいるのではないでしょうか。結論から言えば、心配する必要は一切ありません。

日本の水道水は塩素での消毒が義務付けられており、衛生的に問題のない状態になっています。この消毒の過程で発がん性物質であるトリハロメタンが生成されます。このトリハロメタンについても高い基準で管理されているので、心配する必要はありません。

活性炭を使用した浄水器や煮沸することによってトリハロメタンを除去することもできますが、健康面に関しての大きな差はありません。

おいしさを求めるならウォーターサーバー

水道水が安全であることは理解できたと思いますが、衛生的に安全であるからといって美味しいとは限りません。水道水の味は地域によって大きな差があります。

水道水の元になる水に衛生的な問題があれば、塩素などで消毒する量も多くなります。都市部などより地下水から水道水を作っている地域の方が、水道水がおいしい場合があります。

つまり水道水は衛生的ではありますが、飲料水としておいしくしているわけではないということです。ウォーターサーバーなどで使われている天然水はミネラルが適度に含まれているので、水道水に比べるとおいしく感じる場合が多いです。

まとめ

水道水の安全性は間違いなく高いです。衛生面について過度に心配する必要はありません。ですが、地域によっておいしさに満足できない可能性はあります。水道水の味が気になる場合はウォーターサーバーを利用する方が良いかもしれません。

関連記事一覧