ウォーターサーバーのボトル下置き・上置きの違い、メリット・デメリットを解説

ウォーターサーバーに興味はあるけど、利用するとどんなメリットがあるのか、デメリットを知らないと後で後悔するのではと心配しますよね。ウォーターサーバーを利用することのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーを利用すると、以下のメリットがあります。

  • いつでも安全でおいしい水を飲むことができる
  • すぐに冷水・温水が使える
  • 水を買いに行かなくてすむ
  • いざというときの備蓄になる
  • おいしい料理を作ることができる

いつでも安全でおいしい水を飲むことができる

ウォーターサーバーの水はミネラルが豊富に含まれているので、水道水よりおいしく感じられます。徹底した衛生管理がされているので、安心して飲むことができます。

すぐに冷水・温水が使える

一部のウォーターサーバーでは、すぐに冷水・温水が使えるので、赤ちゃん用のミルクやお茶を淹れる場合など、熱湯を必要としないときに便利です。暑い日には冷たい水を飲みたくなりますが、冷凍庫のスペースは限られているのでウォーターサーバーの方が手軽に利用できます。

水を買いに行かなくてすむ

市販のペットボトルをわざわざ買いに行くのは大変な作業です。ウォーターサーバーなら注文すれば家まで届けてくれるのでらくちんです。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーには以下のデメリットがあります。

  • ウォーターサーバーを設置する場所が必要
  • ボトルを保管するスペースが必要
  • 電気代がかかる
  • 定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーを設置する場所が必要

ウォーターサーバーは部屋のどこかに設置する必要があります。狭い部屋だと邪魔に感じるかもしれません。

ボトルを保管するスペースが必要

交換用のボトルを保管しておくスペースも必要になります。リターナブル方式なら空のボトルも保管しなければいけませんね。

目的に合わせたウォーターサーバーでデメリットを解消

ウォーターサーバーにはデメリットがいくつかありますが、すべてのタイプに共通しているわけではありません。目的に合わせたウォーターサーバーを選ぶことによって、デメリットを解消しつつ、満足して利用することができます。

目的別のウォーターサーバーのタイプの一例

赤ちゃんのミルク → RO水を利用できるタイプ

ボトル交換が面倒 → 水道直結タイプ

料理で使いたい → 天然水を利用できるタイプ

インテリアにこだわっている → ボトル下置きタイプ

まとめ

ウォーターサーバーにはメリット・デメリットがありますが、タイプによってメリット・デメリットも変わります。上手に選ぶことでデメリットを最小限にすることができるかもしれません。

関連記事一覧