オフィスでウォーターサーバーを使うメリットと選び方

ウォーターサーバーはもともと、オフィスや店舗などで利用されていました。今では家庭での利用も多くなりましたね。家庭用ウォーターサーバーが増えてきた分、法人として利用する場合はどのウォーターサーバーを選べば良いのか分かりにくいかもしれません。

オフィスでウォーターサーバーを使う場合のメリットや、選び方を紹介します。

オフィスでウォーターサーバーを使うメリット

オフィスやお店、病院などにウォーターサーバーがあると、いつでも冷水や温水を利用できるので便利です。ウォーターサーバーの法人利用にはどのようなメリットがあるのか紹介します。

手軽にコーヒーやお茶を飲むことができる

ウォーターサーバーがあれば温水を利用できるので、いつでもおいしいお茶やコーヒーを飲むことができます。わざわざお湯を沸かす手間をかける必要がないので便利ですね。近くにカップディスペンサーを設置しておけば、使い捨てのカップを使えるので衛生的です。

経費で落とすことができる

オフィスや店舗などの法人がウォーターサーバーを利用する場合は、費用を経費として計上することができます。従業員が利用する場合は福利厚生か雑費、お客様に出す場合は交際費として経費に計上することができます。

オフィスなどの法人用ウォーターサーバーの選び方

オフィスなどでウォーターサーバーを使う場合は、利用する人数が多くなるのでランニングコストを意識しておきましょう。どんな人が利用するのか、どんな目的で利用するかを考えて選ぶのも良いですね。

ランニングコストを意識しておく

オフィスで使う場合は、家庭で使うよりたくさんの水を消費することになります。ウォーターサーバーの費用の大半は水なので、消費する水の量が増えるほど費用も大きくなります。レンタル費用・電気代・水の値段といったトータルのランニングコストを意識して選びましょう。

用途・目的に合わせて選ぶ

ウォーターサーバーはいろいろなタイプがあるので、用途・目的に合わせて選ぶようにしましょう。病院ならRO水を利用できるタイプ、おしゃれなオフィスならデザインを重視した下置きタイプ、利用者が多い場合は水道直結タイプといったように、用途・目的に合わせたウォーターサーバー選びが重要です。

まとめ

オフィスやお店、病院などでウォーターサーバーを利用する場合は、水の消費量が多くなりがちです。不特定多数の利用を想定してウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

関連記事一覧